目元ケア

目元ケアの方法

目元のケアはシワの目立たない若いうちから丁寧に行うと良いようです。どんなことをすれば、目元のケアが可能になるのでしょう。注意を目元だけに向けるのではなく、顔じゅうの皮膚をケアすることが、目元ケアのコツです。メイクを施している人は、1日の終わりにきちんとクレンジングをして、前日のメイクを皮膚に残さないことです。目元はとくに念入りにメイクをしている人もいるようですが、汚れをきちんと落としておく必要があります。洗顔のときに洗顔料を使った後の肌は水分を失っています。化粧水などを使って十分に水分を補給することも目元のケアには大事なことです。しっかり保水をした後は、クリームやジェルをつけて保湿効果を高めましょう。スキンケア化粧品を選ぶ時には、コラーゲンやヒアルロン酸が使われている、保湿効果の高いものが目元にも効果があります。長時間、日光に肌をさらすことはお肌のためにはなりません。目元ケアのため、紫外線予防は万全を期しましょう。若い時はつい油断して日焼けしてしまいがちですが、紫外線をカットするような化粧品をなるべく使い続けるようにしましょう。日頃からのケアをまめに続けることで、目元の深いシワを防ぐことができるといえます。

目元ケアのコツ

目元のケアを目の周りの小じわを防ぐためにしている人も多いのではないでしょうか。目元ケアで大事なことは、毎日のクレンジングをどのように実践しているかです。自分の肌にとって使いやすいクレンジング剤を選ぶことが重要です。洗浄力が強い反面、肌の水分が奪われがちなのがオイルクレンジングです。乾燥肌の人はジェルやミルクタイプのクレンジング剤のほうが目元ケアのためにもおすすめです。最近は拭き取るタイプのクレンジング剤もあるようですが、強く擦りすぎると肌荒れの原因になります。特に目の周りの皮膚は弱く、シワや乾燥に弱い部分ですので、クレンジング剤は慎重に選びやさしくメイクを落とすように心がけましょう。しっかりめにつけたアイメイクをきちんと落とすために、目元用のクレンジング剤を使うという方法あります。メイク落としはその日のうちにしっかり行いましょう。マスカラなどが残った場合は皮膚にシミになってしまうこともありますので、目元ケアの大敵です。メイクを落とす時に、皮膚につけたクレンジング剤が足りないと、指が皮膚の上をしっかり滑らず、皮膚をこすってしまうこともあります。少し多めの量のクレンジング剤を使ってメイクを落とすようにします。目元の皮膚を傷めないようにクレンジングをすることが、目元ケアの基本だといえるのではないでしょうか。

簡単にできる目元ケア

目元のシワは年齢を重ねると共に気になるものですが、日常的にできるケアはあるのでしょうか。エアコンの効いた、乾燥した環境にいると、目元の乾燥が進みシワもふえます。目元のシワが増えないように、ケアは早くから行いましょう。携帯の画面やパソコンなど、長時間液晶画面を見る人が多いことから、ドライアイになる人が増加傾向にあります。目が乾燥していることに気づかずに、随分長いことパソコンの画面に見入っていたという話もよく聞きます。普通の人で1日に2万回ほど、まばたきをするようですが、ドライアイの人は3万回くらいまばたきをするそうです。目元は体の中で一番皮膚が薄い場所なので、常にまばたきをしていると目の下にかなりの負担がかかります。疲れて目を擦ったりするのも、目元のシワの原因になります。目元ケアのためにもパソコンのそばに目薬を置いておき、少しでも目が乾いたらすぐにさす習慣をつけると良いでしょう。目の下のクマは、乾燥しやすい時期ほど気をつける必要があります。皮膚をこすったために色素が沈着したクマと、血液の巡りが悪くなって鬱血によってできるクマとがあります。マッサージが血行グマに対しては有効です。メラニン色素にはホワイトニングがおすすめです。血液の巡りをよくするために、目元ケアのためにつくられたクリームでマッサージをして皮膚を優しく刺激します。目元のマッサージはむくみにも有効なので、シワを防ぐこともできます。だれでも日常的にできる目元ケアですが、地道に続けることが大切ではないでしょうか。